お店の厨房を綺麗にしたい時はメンテナンス会社にご相談

飲食店経営を補助するベーシック情報サイト

飲食店の厨房を清潔に保たなければならない理由

飲食店において汚れはつきものです。 その最たる例が調理を行い、結果として生ゴミや排水、煙を生じることになる厨房であり、厨房の清掃は飲食店にとって避けては通ることができない問題に他なりません。 厨房清掃の基本を踏まえて、個人での清掃や業者への委託について考えてみます。

業者による厨房メンテナンスの必要性

厨房の清掃やメンテナンスは飲食店の中で、必ず対策を要するポイントであり、軽微な清掃を除けば、業者への委託が基本となります。 業者への依頼で行われるオーソドックスな清掃やメンテナンスとその必要性について、厨房の清掃困難箇所を押さえつつ、触れていきましょう。

オーソドックスな厨房清掃

清潔を保つことは、飲食店経営の基本中の基本であり、経営にあたって絶対に対策を取ることが必要とされ、必要経費を惜しまず投入する必要があるほど重要度・優先度共に高い事柄です。

その理由は、主たる食中毒対策と副たる清潔感の二つに分類されますので、それぞれについて考えていきます。

はじめに食中毒対策における清潔さで、これはもはや説明以前の問題ではありますが、その重要性を鑑みて、念のため触れておくと、食中毒の発生は飲食店経営者にとっても顧客にとっても軽視できる問題ではなく、経営者にとっては、経営的にも風評的にも大きなダメージを免れず、顧客にとっては、食中毒による体調不良のリスクや死のリスクといった直接的なリスクを生じることになることから、経営者と顧客の両者にとって食中毒対策は欠かせません。

基本的な食中毒対策は、清潔な人間が清潔な環境で、清潔な食材を清潔な調理器具を使って調理することであり、もっと具体性を持って言うなら、調理開始前・生魚や生肉を調理した際・生ゴミを処理した時・トイレの後などに手洗いや調理器具の清掃を行うことによって、食中毒の原因となる細菌ないしウイルスの付着や拡散を抑止し、適切な温度管理で細菌・ウイルスの増殖を防ぎ、加熱や冷凍といった調理法によって細菌・ウイルスの死滅を図ることが食中毒対策のキモです。

食中毒対策に比べれば、比重は軽くなりますが、清潔感は飲食店経営にとって顧客に対する印象の面で重要であり、人気店の大半は、食中毒対策として厨房の清潔さはもちろんながら、客室や備品、空調に加えてトイレも清潔にすることで、飲食店全体の清潔感を保つことに余念がありません。

飲食店とその厨房にとって清潔さは、食中毒防止と清潔感を保つために必須なのです。

飲食店によって異なる厨房汚れの傾向と原因

飲食店やその厨房の汚れ方は、提供するメニューとその調理法の影響が顕著に現れ、飲食店ごとに傾向の違いがあると考えて間違いありません。 厨房を中心とした飲食店の設備を汚す大きな要因と飲食店が取り扱うメニューの関係性を理解することで、厨房汚れに対する造詣を深めてみませんか。

TOPへ戻る